04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
            
一初

イチハツはあやめの仲間でいちばん早くさくからイチハツだそうだ。写真がまずいけど、生け花の材料としてはベーシックなもので活けかたの決まった形もある。だけどいっときのものだからお稽古用にはあまり出回っていない印象。

 

庭の、水に浸けたままになっている杜若の鉢も青い葉を伸ばしていて、蓮も今日植え替えるつもり。桜は葉桜になりつつあり、ぐんぐん季節はすすむなぁ。置いてきぼりにならないようにしないとね。たぶんからだを動かせば焦らないで済むんじゃないかな。

[ 花のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
シネマ歌舞伎予告

  公式HP

 

昨日、お昼前だったでしょうか。カヨさんからライン。「たまの休みで体調もよくないんだけど、気分が滅入ってきたーーー。オススメの映画と上映時間を教えて!ダンナも休みなんだけど煮詰まってきたー。いけない奥さんかなぁ。」とのこと。 とりあえず「 うーむ、オススメは特に無いけどライオンでどうかしら? 何時と何時よ。映画でも美術館でも買い物でも行くべし!」と、返事しました。

 

出かけたいと思っているけど、それじゃあダンナに悪いと思っているということを、付け加えたいきもちなんだなぁと思いました。誰も自分のことは自分で決めるしかないし、人に言われてどうこう出来るもんでもないでしょう。

 

それから風邪っぴきのカヨさんはわざわざバスで街中まで出かけて、ライオンを見て、自分でも困るほど泣いたんだそうです。もやっとしてる時にいっぱい泣けて良かったなぁ。

 

でも出かけたせいだか今朝は、喉も痛くて下痢だそうでトホホ。まあ、しゃあないですねー。かよさんはワタシより10ほども年上ですが、いくつになってももがく時はもがくしかないといこうとなんでしょう。人生何時でも過渡期?!

 

兎も角、そんなことで映画館のHPに行きました。何時もは時間が長くて諦めているシネマ歌舞伎が今回は1時間半!! 今度こそまいりますわ。歌舞伎座もお江戸も無理でも映画館なら行けるもんねーーー。

 

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
春のならい

 

さくらの樹の下にすわり、春の風に吹かれたりなどして、花見というものをしたいなぁと長い間思っていました。それが出来ないほどに忙しいわけでもありませんでしたが、お弁当を食べたりおやつをたべたりお酒をのんだりということを断固実行しようと思ったのは数年前のことです。

 

句会の花見は4度目かなぁ。毎年咲き始めの頃。昨年は寒かったものの毎回好天に恵まれています。お習字教室の花見は満開の頃。今年で3度目で、今回は雨。お世話をするということに万事慣れませんが、やきもきしながらやっています。お花見したかったら、自分で呼びかけるべし!

 

とはいえね、気がもめるもんですね、お世話をするって。決断力が無くなっているのかどーかわからないですが、ぼんやり思うことをハッキリ決めるまでに少し時間がかかります。微妙なお天気の時の段取りは? スイーツはどうしようか? 雨だったら桜を活けようか? 

 

2つの花見が終わったらホッとするのが、春のならいになりました。

[ つれづれ ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画『 沈黙 』『 LA LA LANDO 』

  

 

どちらも映画館で観れてよかったなぁ。

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画 『 たかが世界の終わり 』

 

2016年

原作 ジャン・リュック・ガラルス『 まさに世界の終わり 』

監督 グザヴィエ・ドラン監督 ( Mommy/ マミー )

俳優 ギャスパー・ウリエル  / ナタリー・バイ  / レア・セドゥ / ヴァンサン・カッセル / マリオン・コティアール 

音楽 ガブリエル・ヤレド

 

観終わってから知ったことは、もとは舞台劇の脚本だということです。それで、ああも息がつまりそう。未だに28歳のグザヴィエ監督の前作は観ておらず。役者が豪華ったらありません。レア・セドゥにつられて観に行ったような気もするぞ。

 

どうやら原作の『まさに』は『たかが』に少し変えられているらしい。まさに と たかが の違いはなんだろうなぁ。

 

劇作家として成功した34歳のルイは自分の死がちかいことを家族に告げる為に12年ぶりに帰ってきたらしい。迎えるのは母親と兄、妹のシュザンヌと兄嫁のカトリーヌ。 母親は必要以上にはしゃぎ(ああ、ひとごとではないわ)、兄は同性愛の弟を理解できないし、どうやら日ごろから怒りを爆発させたりしてうまくないらしいことが察せられる。ルイが出て行った時にはまだ幼かったらしい妹はルイを歓迎しているけどぎこちない。ギクシャクする家の中に平素から身を置いている唯一の他人であるカトリーヌがいちばんルイの帰宅ときもちを理解したのかもしれない。

 

ルイは告げようとしていたことを告げることもなく、家族はより傷つけあった形で終わる。これといった事件は起こらず、しかし息がつまる。家族とはそういうものだと思う。思い合ってはいるのだけれど、傷つける言葉をつかってしまう。本気なのかどうかもわからない。言いたいことの何も通じない。

 

ドラン監督はカンヌの授賞式でこうコメントしたそうです。『 登場する人物は意地悪く、時に毒を吐きますが、何よりみな心に傷を負った人たちです。彼らは我々のまわりにいる人たち、母や兄弟、姉妹たちの多くがそうであるように、恐怖を感じ、自信を失い、愛されていると確信できないで生きています。そんな登場人物たちの感情を描き出すことを目指しました 』。

 

いやはや草臥れますよ。映画でまでこんなものに直面すべきかどうか。表だっているかどうかはわからないけど、どこの家にも必ずあるものだから。心の揺れや痛みに寄り添わずには観れないから。音楽にも確実にやられます。

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
Natural Blues (Moby)

 

映画「たかが世界の終わり」の挿入曲。Mobyとはレイブ音楽の人だそうで、それってなんだっけ? 元は80年代後半イギリスの若者たちが、新しい音楽とドラッグの流行に合わせて行うようになった夜を徹してのパーティー。辺鄙な倉庫や農場や廃屋などで大規模に行われ、享楽性と独特の連帯感などが魅力。

 

で、このMobyというお方はレイブ音楽にかかわる人にしてはめずらしくドラッグはせず、菜食だそう。ブリトニー・スピアーズにも楽曲提供しているほか、TVCMや映画音楽も多々。いちばん好きな映画監督は北野武とWikiには書いてあります(^_^)

 

 

 

 

 

 

[ 音楽のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
Home is where it hurts (Camille)

 

映画「たかが世界の終わり」の挿入歌。カミーユは2008年にはすでに来日ライブを行っているそうで、資生堂のインテグレートのCMにも楽曲が流れている。

 

 

 

 

 

[ 音楽のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
ティージュ の 紅茶

  

紅茶の専門店ティージュ

 

リーフティーをいただきました。ふだんフレバリーのお茶はあまり自分では飲みませんが、キャラメルカスタードの風味でした。どうやら人気のお茶だそうです。ワタシはミルクを入れてやさしく。ティーバックもポット用、マグ用、ティーカップ用と種類がある親切さ。ともだちが来たらおいしい紅茶を入れて迎えたいと思います。

 

 

[ おやつの時間 ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
遊び座 能の会『 蝉丸 』

 

1カ月ほど前に観に行きました。そうそう駅伝の日でしたから22日かなぁ。相変わらず、お能とはこういうものなんだなぁと観ているばかりですが、まあ、よしよし。地謡はプリントして持って行きました。居眠り防止。笑

 

『蝉丸』は作者不詳。場所は逢坂山。季節は秋で、能の演目としては4番目に演じられるジャンル、狂女物に類するそうです。

 

どうやら1日中お能を上演する場合、1番目(脇能物)には神様が主役、2番目(修羅物)には武士の男が主役、戦で人を殺しているのでその修羅の苦しみを嘆く内容。3番目(鬘物)女が主役、天女とか精霊も。4番目(雑能物)狂女が主人公、苦しみの果てに鬼になってしまう場合も。5番目(切能物)人間で無いものが主役、幽霊、妖怪、天狗などなど。人間界でいいことや悪いことをして自分の世界に帰っていきます。最後の演目なのでキリ。

 

平安時代の聖帝と謳われていた延喜帝(えんぎてい)の第4皇子の蝉丸は盲目故に逢坂山に捨て置かれた。その姉の逆髪も異形故に都を追われた。琵琶の上手な蝉丸のひく琵琶の音。その音にひかれてふたりは再開する。

 

逢坂の関( 京都山城・近江国境)を往来する人々はあたかも輪廻の道を往来する人間の魂のよう。皇子と生まれながら底辺に生きる身になった運命の皮肉と無常観。逆髪はやがて弟の手を振り切って旅だっていく。

 

ストーリーというほどに物語は進展せず。ゆっくりと捨てられる蝉丸と、逆髪との再会、別れを味わうのみ。もともと蝉丸は、平安時代成立の『今昔物語集』では琵琶の名人・敦実親王に仕える使用人で、盲目の身となってからは逢坂山に独り侘び住まいをしていた人物とされているのだそう。キャラクター設定は変わっても、零落や別離といった人の常はいつも心に響くものなのでしょうね。

 

百人一首の「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」も蝉丸の作とされています。近松の浄瑠璃にも女の怨念で盲目になるおはなしの演目もあるそうで、アレンジされても基本のキャラクターを知っておけばたのしい気がします。

 

 

[ 舞台のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画『 破門 ふたりのヤクビョーガミ 』

   公式

 

蔵さんの出演映画を久しぶりに観ました。はいはい、久しぶり。だってねーー。バイプレイヤーでいてほしいと思うんですが、誰もふぁんの思うようなしごとばかりをするわけでなし。この作品だって橋爪さんも出ていらっしゃれば國村さんも出ていらして。なんていうのか、役者さんのセルフプロデュースのありようというものは難しいものなんでしょーねーー。

 

兎にも角にも。まあ、ワタクシとしましては蔵さんに義理立てたいものの、無理は禁物という具合。笑 山登り映画とか、嫁さんが幽霊になって帰ってくるのとか、またも参勤交代するやつはお休みした次第です。

 

でね、こののんきな映画を観に行きましたよ。いや、もうのんきのんき。集客しているのか、評判はどうなのか、なんてことはもう気にならず。続編が出来ようが出来まいがそんなこともおまかせ気分。蔵さんのビジュアルにうっとりするわけでもなく。お気楽に、ここちよいお気楽映画を観たのでした。めでたしめでたし。

[ 映画のじかん ] comments(2) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM