07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
            
百日草


ママに花の種を沢山貰いました。買ったものの、苗から始めてしまった夏の花たちの種。

他にもニチニチ草やマリーゴールドの種も。


昨夜はウィンブルドンの決勝を最後まで観ていて寝不足だったのに、何故か種蒔きの意欲が湧いてきました。


有り合わせの土で、陽当たりも悪く、上手く発芽しないかもしれないけど。袋の説明では、7月は夏蒔きにギリギリ間に合うはず。乞うご期待。


[ 花のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画 「クリムト エゴン・シーレ」

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
片挟み

 

ほんのたまに、月に1度くらい、続けているとも云えないお三弦のお稽古。

 

浴衣を着てみました。しかし、浴衣って、へにゃへにゃして予想するよりむずかしー! こんなむずかしいものでしたか? ほとんど着たことが無いので、わからん。

 

半幅も持っていただけで今まで結んだことがありませんが、ぶっつけで初体験の片挟みにしてみました。キリッとした感じは悪くありません。

 

てらってる? 締めることあるのかなぁ? と思っていた、金魚の半幅もまた使えるかも。

[ 着物のじかん ] comments(12) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
夏 紬

 

夏の普段着が欲しくてオークションでポチしました。やばいことに、どうやらオークションが病みつきです。

 

競り合う人もいないので値段が上がらず助かりましたが、人が欲しがらないのはあまりいい買い物じゃないのかな。

 

夏の小物は選択肢が無いので、帯も帯揚げも紺色の無地で。チャリティーコンサートと、この前の瓢箪堂さんへ。

 

見た目はどうなのかわからないけど、からだにまとわりつかず、風が通るような感じがたのしいです。自分に丁度いいかどうかは馴染むうちにわかるのかも知れません。

 

[ 着物のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
ごくささいな厄介

今日少しホッとして、午後と夜に予定なし。この頃よく突入してしまうへとへとちゃん。

 

前から気になっていた近所のチェーン店のマッサージに行くつもりになりました。からだも痛くて。

 

しかし。昼の2時から4時に郵便局が来て本人確認するとダンナが云うので留守にできず。

 

マッサージは夜の7時過ぎに予約するも、日中は待てど暮らせど郵便局は来ず。

 

電話したら向こうのミスで7時から8時になるとのこと。やれやれ。

 

マッサージはキャンセル。ワタシの行く気分もおじゃん。日中の待っていた時間も草臥れたような。

 

いやはや、これくらいのことは何の厄介のうちにも入りません。そんなことはよーくわかっております。

 

この頃は何時も自分の都合で自分の思い通りに動けているからこそ、これくらいを面倒に思うだけのことで。

 

面倒に感じる自分の方を何とかした方がいいに違いないけど、とりあえず今日のところはゴロゴロを決め込むつもり。

[ つれづれ ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
瓢箪堂へ

 

アートギャラリーと云えばいいのか?  イギリスアンティーク展をやっている瓢箪堂さんというお店に連れていって貰いました。

 

長楽寺の駅からお店までは歩くのには少し距離があり、ひとりでは行けなさそう。

 

ほどよく手入れされたお庭でスープランチ🍴を頂きました。

 

アンティークの食器や家具。ミントンの古いものや。ともだちは日本から輸出されたらしいカップを2客買いましたが、ワタシは何も連れて帰らず。

 

[ つれづれ ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
昼夜帯

 

以前ポチした印度更紗柄?の昼夜帯をはじめて締めました。オークションの記事にそう書いてあったのでそうなのかと思うばかりでよくはわかりません。

 

だいたい昼夜帯とは何ぞや?  裏が黒繻子のリバーシブル帯ぐらいの意味らしいです。まだ名古屋帯も袋帯も無かった時代の庶民の女帯。腹あわせ帯とか、鯨帯とかとも言って、長めで、角出しなどに。

 

 

この絵を見ると納得。上村松園の「晩秋」だそうで、若き日のおかあさんを描いたと読みました。垂れに黒繻子が。 かけ襟も黒いからしっくりしますね。

 

繻子はサテンと言い換えてもいいのかな?  ワタシのは表も裏も繻子で、裏は表と同じ生地の無地です。やわらかくて締めやすい。

 

雨だったので着物は頂き物の何かわからないしゃりしゃりした単を。これもはじめて着てみたら裄がたぶんワタシには2センチくらい足りませんでした。

 

何せ下はおんぼろ化繊の夏長襦袢ですから、遠慮なしに襦袢の袖をゴム輪でくくって袖の中に隠し、やや腕ニョッキリ。それもまたよし!  かな。

[ 着物のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
うばがもち

 

近江草津のお土産。うばがもちは時の近江源治佐々木義賢が信長に倒されて、その曾孫を乳母が餅を作って養育したという由来らしい。

 

老舗の店先は広重や北斎にも描かれ、東海道名所図絵にも登場。近松の作にも登場するとか。

 

大きさが2センチ半かな? 乳母だから白いポチがついているのか? 想像通りのお味です。

 

信長といえば来年の大河は光秀が主役。池端俊策さんのオリジナル脚本だとか。面白いといいなー。信長は誰がやるんだったか?

[ おやつの時間 ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
パセリドレッシング

 

野菜市のお手伝いをしていらっしゃる方があって、市の日には何かしらおみやげを下さいます。ふだんはお金は払わずに貰いっぱなし。おいしい玉子がある時やお醤油や蕎麦を取り寄せた時などに恩返し。

 

今回は米茄子、ベビーリーフセット、小松菜、パセリ。米茄子は格子を入れて焼き、ツナ味噌と例の薬味ミックスを山盛りに。

 

パセリはドレッシングにしました。

 

サラダ油  100ミリリットル

酢        50ミリリットル

塩        小さじ 半分

砂糖      小さじ 1

醤油      小さじ 1

 

玉ねぎ    半分

パセリ    1束

[ おやつの時間 ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
江波散歩

 

会社づとめでは無いせいと、自分で自分を甘やかすので、何年も生活のサイクルが整わないままです。病気でも不眠症でもないので、だらしなく、まあいいかいいかと思いながらずっと過ぎています。

 

自分を甘やかすことと、やはり時間に余白と自由が増え、体力は不足ぎみ。今は介護などの直面している大きな困難が無いので、自分自身の受けるダメージに敏感になってしまっています。まあ、それも、いいかいいか。

 

江波に行き、ミチコさんと会って、江波の地ビールのお店でランチ。その後チョコレートの専門店に。何ともハイカラで素敵なテラスもあるので、カップルにも最適かと。江波は海の町なので、独特の明るさがここち良かったです。

 

うちから自転車で20分ほどで遠足気分。海風にあたり、2時間ほどで帰宅。ちょっとお昼寝して、凹んでいた気分も復旧したのでした。

 

http://www.the-sessions.co.jp/brewery/

 

https://ettoco.jp/gourmet/5579

 

 

[ つれづれ ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM