06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
            
映画 『トム・アット・ザ・ファーム』

 

公式HP (2013年)

 

サイコサスペンスと聞いてさほど気乗りしなかったものの、愛の物語よりうんと面白かった気がします。つづけてドラン監督。原作は演劇脚本。芝居を観に行って映画化したそうで、若き監督はインタビューで次のように。

 

「戯曲を書いたミシェル・マルク・ブシャールは、訪問者と受け入れる側の双方の視点を見事に描いていた。その一方で、都会VS 田舎という、ありがちな優劣構造を避けていた。2人の男性主人公の関係の残忍性が、舞台ではエレガントで美しく、その暴力的な荒々しさを映画でどう表現するかイメージできた。さまざまな感情を引き起こす戯曲だったが、そこで描かれていた恐怖や不安といった感情は映画表現に向いていると思ったし、その斬新さはまさに自分が求めていたものだった。」

 

出かけることもできない必然もありつつ、ワタシはあんなにすきだった演劇にこのごろ興味を失っていますが、やはり演劇的なものごとのなぞり方が好みに合うなぁ。

 

 

 

暴力による支配、服従の陶酔、屈折したこころ、憎悪と好意。

 

本作でも男同士でタンゴを踊るシーンが印象的でしたが、かのブエノスアイレスもしかり。アルゼンチンタンゴ発祥である19世紀のブエノスアイレスは出稼ぎ労働者がひしめく港町。日頃の鬱憤のはけぐちとして男同士で荒々しく踊ったのが始まりなのだそう。そうか、そうか。

 

ラストシーンで車のハンドルをつよく握りしめたトムは、前に進むのかUターンするのか?

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画 『わたしはロランス』

  

公式HP (2012年)

 

 

とりあえずは、今は、愛の物語には興味ないような気がしますが、濃い青色の壁紙には興味ありありです。

グザヴィエ・ドラン監督はまだ30歳にもならないくらいでしょうが、ワタクシ、目下、作品をさかのぼり中。

色も音楽も素敵です。いつも思いますが、音楽のしめる部分は大きい。トランスジェンダーについては、このへんのことを思い出しつつ観ました。

 

 

 

マイ・マザー (2009年)  

たかが世界の終わり (2016年)

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画「女神の見えざる手」「スリービルボード」



どちらの映画も観てからだいぶ時間が経ってしまいました。タイプは全く違うけれど、アメリカってこういうことなのね、と。


スリービルボードは娘をレイプされ焼死させられた母親の話だけれど、その発端の事件設定が壮絶過ぎる。日本人には相当奇異に感じられるけれど、たぶん日本はまあまあ安全だからなのでしょう。


女神、の方は銃規制をめぐるサスペンス。この前の現実の、銃乱射事件のあとにトランプ大統領が、学校の先生に銃を持たせて、その先生には手当てもつけるなんて言っていたあたりますますクレージーが極まっているとしか思えないわけで。


スリービルボードの展開はなかなか単純ではなく、ワタシには理解しきれていない気がしていました。しかし、それはそれで忘れてしまっていたのだけれど、今日見た週刊誌の記事でクドカンがスリービルボード完璧!と絶賛していたので思い出した次第。ハハハ。


シェイプオブウォーターもクドカンによれば文句なし!らしいが、さてどうしたものか。


[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画『 パターソン 』

 公式

 

秋のはじめの頃に観たんだったでしょうか。ジャームッシュについても語れません。アダム・ドライバーを初めて見た時に魅力的!!と思ったけど、もうめちゃめちゃメジャー過ぎるほどのスターさんになりましたね。この映画では主人公でありながら静かな役ですが、やはり上手いです。

 

俳句のこともありますが、詩とはなんぞや?と思って映画館に出かけました。主人公のパターソンはニュージャージー州のパターソンに住むバスの運転手さんです。詩をつくる人です。

 

彼の一日は妻へのキスに始まり、バスで町を走り、しごとを終えると愛犬と散歩、バーで一杯だけビールを飲む。その日常のなかで日々詩を書き綴っています。みずみずしい言葉で日常が豊かになるとでもいいましょうか。

 

そうそうかつてジャームッシュのオムニバス作品(「ミステリートレイン」1989年 )に出た永瀬正敏さんも出ています。パターソンの町出身のウィリアムス・カーロス・ウィリアムズという詩人を敬愛する男として少し出てきます。そして、その男は自身を、「詩を呼吸しています」と言い、「翻訳した詩を読むことはレインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ」と語ります。受け入れること、理解すること。

 

そのままに理解すること。

 

まあ、ワタシなどには漠然としか受け取れないのですけれど。ジャームッシュはこの作品全体が詩の構造だと言っているらしくて。日常の繰り返しとそれをつないだり、つつんだり、そこに散りばめられているものがあったり。

 

じぶんとは感覚は違う気がしつつも、そのイメージを忘れない作品のような気がしました。

 

 

[ 映画のじかん ] comments(3) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画『 幼な子われらに生まれ 』

 

2016年

出演:浅野忠信、田中麗奈、池田成志、宮藤官九郎、寺島しのぶ 
原作:重松清「幼な子われらに生まれ」
脚本:荒井晴彦  監督:三島有紀子

 

こういう映画が観たかったわけではなくて、どこやら外国のアートをめぐる旅を描いた作品を観るはずが終わってしまっていました。どっぷり夏に疲れた、もう1カ月以上も前のこと。

 

重松さんの原作なぁと思いつつ、何時も行く映画館のHPのレビューが褒めているので、まあいいかと思った次第。悪くなかったです。原作が書かれたのはもう20年以上前だそうで、言われてみれば、あんあんなるほどーー。

 

家族が面倒で難しくて深淵で、かつ鼻先を突っ込んですりすりしたいほど愛おしくって、その本質は多分変わっていないのだろうけれど、やっぱり変わっているんじゃないですかね、家族像というもの。もうかたちをどう留めたらいいのか戸惑ったままに漂っていることに慣れっこになっているような。

 

脚本の荒井晴彦さんは、かの『遠雷』(81/根岸吉太郎監督)や『ヴァイブレータ』(03/廣木隆一監督)や数々の日活ロマンポルノの脚本を書かれた方だそうで、なるほど。三島監督の作品はたぶんこれまで観ておらず。

 

どうして浅野パパは家でもシャツのボタンを首元まで留めちゃってるのかなぁ。コツコツと努力を積み重ねることでしか家族は形を保たないものらしい。そして、時間とともにまたそれは変わっていくよね。いいも悪いもなく。田中麗奈さんがいちばんリアルだったかも。

 

 

 

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画 『AMY エイミー』

 

上映していた当時観に行けないままになって、もうWOWOWでやってくれるまでに時間が経ってしまいました。録画予約はしていたものの、TVの放映に時間にチンと座って視聴した次第です。

 

エイミーが活躍していたころ、音楽に疎いワタシの中に空前の音楽ブームがありました。自転車でスーパーに行く時も、お風呂に入る時も音楽を耳にしていました。そしてその頃に、リアルな、絶対的なディーバだったのがエイミーでした。

 

この映画は、2011年の夏に27歳の若さで亡くなってしまったエイミー・ワインハウスというイギリスの歌手のドキュメンタリーです。世界的なヒットやグラミー賞とともにスキャンダルや過激な発言も注目された女の子でもありました。

 

スターとして生きていくレールには乗れなくて、恋に依存したりお酒やドラッグにのまれたりしました。天才的な歌手であった彼女にはそのことは悲劇としか言いようがなくて、そうじゃなく生きるチャンスも確実にあったと思うけれど、それでもなおそれが彼女であったんじゃないかという気がしたのです。

 

 

 

町山さんの解説を読んでよりよくわかったんですが、☝は、「みんなが麻薬中毒のリハビリに行けって云うんだけどワタシは行かないわ 」って歌詞になっているそうで。「リハビリ施設に行くよりダニー・ハサウェイを聴いている方がいいわ」って。

 

 

 

それでもって、☝は、「じぶんとしたばっかりの彼はそれも乾かないうちに他の女のとこに行っちゃって、ワタシを置いて行っちゃったから麻薬中毒に戻るわ」ってことらしいです。 CDを聴いていた当時も何となく歌詞は知っていたつもりだったのに、嗚呼そうでしたかーーーって感じ。赤裸々な生きにくさそのものが彼女の歌なんだなぁ。

 

 

 

 

 

もうステージの上でどうにも歌えない、歌わない彼女の姿などを映画の中で沢山観ました。可哀想だよぉぉぉ。だけど、彼女が最高のディーバであったことは確かで。

 

人生は自分で選択していくものだけど、そうとしか出来なかったってことがあるよなぁぁと思ったのでした。あ、でも、クソバカ最低男にのめり込まないように気をつけるくらいはした方がいいよね、ってことですが。まあ、それも含めて彼女は彼女だったのでした。エイミーこれからもずっと愛してるよ。

 

 

[ 映画のじかん ] comments(3) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画 『 未来よこんにちは 』

およそストーリーは読めばわかり。イザベル・ユペールが演じるのを見届けることと、いわば励ましの気分を拾いたいと思って出掛けました。

 

しかし、それを拾うには至らず。ワタシ自身は今はつれあいがいることや、しごともまだそれなりに掌中にあることで直面していないけれど、おしなべてだれもかれも乗り越えていらっしゃるよねと、思うに留まり。

 

ホンマにみーんなえらい。そこらへん歩いてる誰も彼もえらい。映画のヒロイン以上にえらい。いくつになっても、年を取ればこそ、軽くなりたい。それはおそらく想像以上に実にさみしくおぼつかなくなってしまうことなんだろうな。そして、今まで以上に体当たりでいかないといけない気がしている。

 

体力は目減りしてますが、それなりの体当たりを面白がりたいものです。監督はミア・ハンセン=ラブ。

 

 

主人公のナタリーが夫と車に乗っている時に挿入されるのシューベルトの歌曲「水の上で歌う」。歌詞は『昨日も今日も 時は去っていく 私もいつか 輝く翼に乗って高みに舞い上がり 過ぎゆく時の流れから消え去っていくだろう』。

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画 『 マイ・マザー 』

 

「たかが世界の終わり」がたのしかったので、グザヴィエ・ドラン監督の作品を観てみたくなりました。本作は6歳の時から子役を始めた監督本人が17歳の時に書いた脚本を自ら監督・主演。19歳での監督デビュー作です。早熟だなぁ。

 

ストーリーは2人暮らしの母と息子の思春期の微妙な関係。題材は誰もが経験する成長のための通過儀礼ですが、どうしてこうもきちんと見せることができるんだろう? ひとりよがりになることなく、10代のころの母親へのザラッとした嫌悪感をよみがえらせます。しゃべり方、食べ方、態度。

 

この早熟な監督の洗練され方を感じることも含めて、作品全体の魅力なのでしょう。

 

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画『 美しい星 』

  「美しい星」公式HP

 

観てきました、異色作。作品への興味半分、蔵さんを見届ける使命半分といったところでしょうか。ストーリーは説明できません。笑

 

めっちゃざっくり言いますと、原作は三島由紀夫さまでございまして、監督は吉田大八さん。三島が小説を書いた当時は米ソ冷戦時代。おそらく、核の危機を当時注目のSFに落とし込むといった具合かと。そしてその小説を、初めてそれを読んだ大学生の時に映画化したいと思った吉田監督。

 

三島が生きていた当時、本人も「実にへんてこりんな小説」と言っていて、大島渚か市川崑にしか撮らせないと言っていたと、どこかで読みました。原作は読んでいませんが映画を観る限り、すごく異色なんですもん。単純理解できないし。自由だけど駆られるものがあるわけですし、人類たるものを救うべきなのか?とか考えなくちゃならないし、橋本愛ちゃんはうつくしいし。です。

 

三島が書いた核の危機を地球温暖化に代え、時代も現代に移して映画は展開します。のっている吉田監督ならではの力技では? 蔵さんのことは客観的に判断しがたいですが、きちんと役を考えたうえで吉田監督がキャスティングしてくれたと思うとうれしいでございます。

 

観終わったあとくスッキリ!はしがたいですが、それはそれで良しかと。何といいますか。有意義だとか、名作だとか、カテゴライズや答えや評価がハッキリした、そういうものばかり観てはいけませんよねー。おもろいです。

 

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM             
映画 『 裁かれるは善人のみ 』

 

この監督の映画は観ることに決めています。しかし、気軽には観れません。

 

自動車修理工場をしているコーリャは若くて美しい後妻のリリアと、先妻とのあいだのムスコのロマと暮らしています。ところが選挙を控えた市長が権力にものを言わせてコーリャの住んでいる土地を無理やり買収しようとしていて。コーリャはモスクワから友人の弁護士ディーマを呼び寄せ対抗しようとするが、、。

 

キリスト教的な課題と神話をベースにするアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の、またもゆるぎない作品でした。残念ながらワタシには何もかもを汲むことは出来ないわけですが、国家と教会の結びつきなど日本人にはわからない不気味さです。司祭は神の名のもとに市長を正当化してしまうあたり、異常にストレスフル。神の真実は都合よく解釈され、神は不在のまま。

 

弁護士のディーマが追い払われてしまえばコーリャは為すすべは何もなくなってしまう。ただただ降りかかる災いに翻弄され、唖然としつづけるだけ。

 

国や権力や教会といった男たちの流れはそれとして、美しいリリアも追い詰められていきます。リリアが海で見たものはおそらく鯨で。リリアはどう生きればよかったのか。父権的な権力の世界で。

 

絶望的な暗さと重たさがそれ故に作品を引っ張ってゆき、短くない時間、その世界に身を浸されながら過ごしたのでした。

 

[ 映画のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM