08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
<< 小川軽舟 著 『 俳句と暮らす 』 | main | 遊び座 能の会『 蝉丸 』 >>
            
映画『 破門 ふたりのヤクビョーガミ 』

   公式

 

蔵さんの出演映画を久しぶりに観ました。はいはい、久しぶり。だってねーー。バイプレイヤーでいてほしいと思うんですが、誰もふぁんの思うようなしごとばかりをするわけでなし。この作品だって橋爪さんも出ていらっしゃれば國村さんも出ていらして。なんていうのか、役者さんのセルフプロデュースのありようというものは難しいものなんでしょーねーー。

 

兎にも角にも。まあ、ワタクシとしましては蔵さんに義理立てたいものの、無理は禁物という具合。笑 山登り映画とか、嫁さんが幽霊になって帰ってくるのとか、またも参勤交代するやつはお休みした次第です。

 

でね、こののんきな映画を観に行きましたよ。いや、もうのんきのんき。集客しているのか、評判はどうなのか、なんてことはもう気にならず。続編が出来ようが出来まいがそんなこともおまかせ気分。蔵さんのビジュアルにうっとりするわけでもなく。お気楽に、ここちよいお気楽映画を観たのでした。めでたしめでたし。

[ 映画のじかん ] comments(2) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM
Comment
あきらさん、ご無沙汰いたしております。

お水取りが終わると少し暖かくなったような気がします。

運良く舞台挨拶を観ることができまして聞けない話も聞けて楽しんできました。

監督の小林聖太郎さんのお父様が上岡龍太郎さんで「まあお父様に似てらっしゃると」蔵之介さんよりもそっちが気になったりでした。

声までそっくりでお父様のような鋭さはありませんがなかなかトークも面白い方でした。

思えば上岡さん良い時に引退されたなあと最近思うのです。

一言発言しただけであちこちがうわ〜〜〜となる現象、あの当時の上岡さんのままでしたら過剰に反応する人がいて大火事になるかもしれません。

そこまで見据えてスパッと引退されたのなら見事だなあと。

映画の感想は蔵之介さんが楽しそうならOKでいいかなと。^^

それよりもあの小清水さんの逃げ足の速さに感心しました。

あのフットワークを映画に活かせたら良かったのにと思ってしまいます。

今年は映画三昧になりそうです。^^
| きなこ | 2017/03/16 11:24 PM |
>きなこさーーーん
ありがとうございます。遅くなり失礼しました。お水取りお水取りと毎年思います。いよいよ春ですねーー。

上岡龍太郎さんのご子息だなんてぜーんぜん存じませんでした!
へーーー。たしかにきれいに引かれましたよね。

蔵さんがたのしそうなら・・・ふふ。きなこさんお優しい。まあ、そうですよね。贔屓だからこそもっと良さをと思ったりしますが、めっちゃ上出来ですよね。(^_^)/
| あ き ら | 2017/03/20 2:13 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
この記事のトラックバックURL
http://gunjyoiro.jugem.jp/trackback/1198
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM