05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
<< マリーゴールドの匂い | main |
            
杜 若

 

昨夜、すっころげて落ちて顔をごつんと打ちました。どこをどうやってそうなったのかじぶんでもよくわかないんですが、血が出るような感じにはなっていません。目と目のあいだ、鼻のてっぺん、鼻と唇のあいだ、上唇にあからさまな赤い打ち傷。

 

顔を柵にぶつけたには違い無いのですけれど、階段だったので手に持っていた重たい石油ストーブも落としたくないと思ったらしく。もう力任せに1度に荷物を運ぼうとするのはやめにしましょーねー。

 

今日は会う人会う人に『どうしたの?』と訊いてもらい、『折角の美人が台無しでしょ』とおじさんの駄洒落なみのセンスで返事を返すという事態になったのでした。


さておき、先々月に久しぶりに髪型を変えたんです。そのせいでポチャッとした顎のラインが出てしまい、我ながらあの昭恵夫人的なニュアンスが。しかしあの昭恵夫人には一流の美容師さんがついていらっしゃるのでしょうから、まあそれは良しとして。

 

えーと、やや気持ちが落ち着いてみますとね、目、鼻、口の縦のラインを打ってですね、ワタシのビーバーのように少し前に出ている2本の前歯は何ともなかったことは幸いでございました。

 

ほら、だってね、前歯が2本無い昭恵夫人を想像していただけますか? おほほ。


 

[ 花のじかん ] comments(0) / trackbacks(0)
ENTRY BOTTOM
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
この記事のトラックバックURL
http://gunjyoiro.jugem.jp/trackback/1211
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM