08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
<< 夏 至 | main | 蓮の花 >>
            
映画 「ストーリー オブ マイライフ」

 

楽しみにしていた若草物語を観てきました。それぞれの俳優も素敵で、姉妹がさざめくようにお喋りし合うところや、海にみんなが遊びに行くシーンのうつくしさや、ティモシー・シャラメの存在感など。グレタ・ガーウィグ監督は、若草物語の原作者であるルイーザ・メイ・オルコットの時代の視線と、オルコット自身に思い入れているということもよく伝わってきました。

 

「金銭と芸術、愛と個人の満足、理想と現実、家族への思いやり」とプロダクションノートに書かれていますが、女の子たちが自分らしく生きてゆくのはとっても大変。特に経済の問題はよくわかるように描かれていました。

 

とても上等な作品だったけど、さて自分もがんばらないと!という気分にはなりませんでした。そのことの良し悪しじゃなくて、自分のこころもちとしてどうなのかなぁと考えて見ましたが、よくわかりません。物語のようにまっすぐに求めていくみずみずしさを遠くに見るような、そんな自分の年齢や、状況や、感覚なのかもしれません。

[ 映画のじかん ] comments(0) / -
ENTRY BOTTOM
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM