08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
<< マンガ「舞妓さんちのまかないさん」 | main | 天人五衰 >>
            
夏の水指

蓮の丈もだいぶ伸びて、蕾が次々上がってきました。

 

お抹茶の夏茶碗をもうひとつ欲しいと思ってオークションをうろうろ。良いモノは高いし、気に入らないのは持ちたくない。

 

そうするうちにとても好みのガラスの水指を見つけてしまい、迷い、やっと買おう!と決めたら、もう無くなってしまっていたのでした。やれやれ。

 

モノなんて無ければ無くて少しも困らないのに、なんやかや掻き集めたがるのは性分なのか。はや、そんな自分に諦めぎみ。

[ つれづれ ] comments(2) / -
ENTRY BOTTOM
Comment
あきらちゃーん♪
なんとまーー、きれいに咲いたねぇ。つぼみもかわいいわー。見に行きたいわー。
器でも着物でも何でも、ほしいもんがあるというのはええことじゃと思うよー。それも若さよ。ええお金の遣い道よ。
娘さんがおるけぇ、大事にしとったらずっとつかってもらえるし。うちなんざよ、息子一人じゃし、うちもおっさんじゃし、華やかなもんとは縁がないけん、羨ましい限りじゃ。
| すど | 2020/07/16 8:03 AM |
ありゃ。すどさん、ありがとうねー。ワタシも昨日お見舞いに行ったんじゃが、すどさんところのおじいさんと丁度おんなじ感じで切なかったよ。何も出来んよねー。

欲張りも若さかいね? すどさんは欲しいものは無いん? 何が欲しい? また教えてね。
| あ き ら | 2020/07/16 8:37 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM