08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
<< 高村薫 著 『 晴子情歌 』 | main | 長梅雨 >>
            
新聞バッグ

 

ともだちが、三浦春馬くんの自死のことがこころの中で尾を引いて仕方ないとしきりに言います。日々を過ごしていくのは、心をなんていうことなく健やかに穏やかに保っていくという技の上にあり、そのことを難しいと感じていると彼の困難に心が同調してしまうのではないかな。ワタシでさえついついYouTubeに行ったついでにキンキ―ブーツの動画などを見返して切なくなってしまいます。

 

時間を過ごしにくいと思う時に手芸や料理などが助けてくれそうなのですが、それすらしたくないということもしばしば。刺繍など何を作るか決めて、すぐに取り掛かれるようにしておきたいと思っているのですけれど。

 

来週の行事のプチおみやげを入れるのに新聞バックを作りました。新聞1枚で17✖17センチくらいのミニバックが出来ました。マチもしっかり。紙を切ったり折ったりはそれなりにたのしく、カラー印刷がどこに出るか考えたりして、取っ手を貼り付けるのは手持ちの可愛い紙を使いました。

 

少しわくわく出来ればそれに越したことはないけれど、しなければならないこととは別に時間が穏やかに過ごせることがあればいいな。はじめてにしては満足の出来ですが(笑)、手やテーブルが黒くなってしまうのはご愛敬。

[ つれづれ ] comments(0) / -
ENTRY BOTTOM
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM